RSS|archives|admin

世界で一番、俺が〇〇:水城せとな

世界で一番、俺が〇〇(1) (イブニングコミックス)

【作品紹介】
柊吾とたろ、アッシュは、ルックス、頭脳、性格と、それぞれ違う良さを持つ幼なじみ男子3人組。 今日もいつものように行きつけのカフェに集まり、外資系金融機関に勤める柊吾は安らげる場所がないことを、フリーターのアッシュは定職がないことを、アニメーターのたろは過酷な労働環境を嘆いていた。すると不思議な雰囲気を纏った美少女・ナナミが突然3人の前に現れ、こう問いかける──「では、皆さんの中で一番不幸なのは誰か、決めてみませんか?」
友情、羨望、妬みに嫉み、疑惑と信頼、善意と悪意、あらゆる感情が入り乱れる300日間のゲームが今、幕を開ける──!(講談社)

 
 本日ご紹介するのは、ドラマ化された『失恋ショコラティエ』や、映画化された『脳内ポイズンベリー』などで知られる水城せとな先生が、現在講談社の「イブニング」で連載中の不幸サバイバル、『世界で一番、俺が〇〇』です。
 “300日後、 3人の中で最も不幸になっていた者の願いが何でも叶う”というゲームに参加することになった幼馴染3人組のこじれにこじれていく人間模様を描いた破滅系ヒューマンストーリーです。
 エロティックな描写はそれほど多いわけではないですが、3~4巻にわりとじっくり描かれた寝取られシチュエーションがあり、女の子の境遇や落ちるまでの過程なども含めてなかなかそそられるものになっています。

コミックス4巻
sekaideichibanoregaOOmizushirosetona0401.jpg


sekaideichibanoregaOOmizushirosetona0403.jpg


sekaideichibanoregaOOmizushirosetona0405.jpg


sekaideichibanoregaOOmizushirosetona0407.jpg


sekaideichibanoregaOOmizushirosetona0409.jpg


世界で一番、俺が〇〇(1) (イブニングコミックス)
世界で一番、俺が〇〇(1)
(イブニングコミックス)
水城せとな
講談社

世界で一番、俺が〇〇(4) (イブニングコミックス)
世界で一番、俺が〇〇(4)
(イブニングコミックス)
水城せとな
講談社

放課後保健室 1 脳内ポイズンベリー 5 (クイーンズコミックスDIGITAL) 彼女達のエクス・デイ(1)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: | 2018.03.25
<<回復術士のやり直し:羽賀ソウケン,月夜涙,しおこんぶ | HOME | パラレルパラダイス:岡本倫>>
この記事へのコメント

name


[   ]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...