RSS|archives|admin

はだかの林檎:山崎紗也夏

はだかの林檎 1

【作品紹介】
いつも優しく抱いてくれるあのコがいればそれでいい…
誰かを好きになって、デートして、付き合って、別れる──、そんなお決まりの恋愛ルーチンにうんざりしていたやり手営業ウーマン・沢村林檎。
ふとしたことをきっかけに年下の部下・風間とカラダだけの関係を持つようになるが、その気楽な関係にも徐々に変化が現れ始め…?(日本文芸社)

 
 本日ご紹介するのは、ドラマ化された『はるか17』、『シマシマ』、『サイレーン』などで知られる山崎紗也夏先生が、今年の二月まで日本文芸社の「週刊漫画ゴラク」で連載されていた恋愛ストーリー、『はだかの林檎』です。 34歳の独身キャリアウーマン・沢村林檎が、セフレ状態の7つ年下の部下との関係に悩む女性視点の恋物語です。
 掲載誌が「ゴラク」ということもあって若干濡れ場描写、特に最中のモノローグがこってりしている感はありますが、ベッドの上の女の本音がテーマとのことで、セ○クスシーン自体はかなりの頻度で見ることができます。
 ただ、やはり構成的にどうしてもベッドシーンありきの流れになっているため、“シチュエーションや話の流れの中でのエロさ”という面においては少し弱く、その点においては以前ご紹介した同じ作者さんの『マイナス』の方がより官能的でおすすめです。


hadakanoringoyamazakisayaka0101.jpg


hadakanoringoyamazakisayaka0103.jpg


hadakanoringoyamazakisayaka0105.jpg


hadakanoringoyamazakisayaka0107.jpg


hadakanoringoyamazakisayaka0109.jpg


はだかの林檎 1
はだかの林檎 1
(ニチブンコミックス)
山崎 紗也夏
日本文芸社

レンアイ漫画家(1) (モーニングコミックス) シマシマ(7) (モーニングコミックス) サイレーン(2) (モーニングコミックス)

マザー・ルーシー 4 (ヤングサンデーコミックス) マイナス 完全版(2) (ビームコミックス) はるか17(6) (モーニングコミックス) このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: | 2016.05.20
<<マジャン~畏村奇聞~:カミムラ晋作 | HOME | 倒錯少女症候群:shimazaki>>
この記事へのコメント

name

[   ]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...