RSS|archives|admin

それでも僕は君が好き:徐譽庭,絵本奈央

それでも僕は君が好き(2) (講談社コミックス)

【作品紹介】
職場からの帰宅途中、バイク事故に遭ってしまった主人公・芹澤裕輔。そのとき、芹澤のもとへ駆け寄り、救急車を呼んでくれたどこか見覚えのある一人の女性。病院で目覚めたとき、おぼろげながら思い出す“彼女”の顔。それは中学時代に傷つけてしまったあの子か…、それとも…?(講談社)

 
 本日ご紹介するのは、台湾の人気脚本家・徐譽庭(スー・ユーティン)先生の小説『馬子們!(マーズーマン(彼女たち))』を絵本奈央先生がコミカライズした青春ラブストーリー、『それでも僕は君が好き』です。 2013年に講談社の「週刊少年マガジン」で連載が開始され、現在は「別冊少年マガジン」で連載中となっています。
 正直恋愛漫画としてはキャラクターに感情移入しづらいところがちょこちょこあるため何ともいえない感じではありますが、作画の面では絵本先生が本当に素晴らしい仕事をしてくれており、抜群に可愛い女の子たちはもちろん、少年漫画らしい奥ゆかしさを残した濡れ場描写などもかなり秀逸なものになっています。
 そんなベッドシーンのほかにも、絶妙にはだけた衣服や主人公の下卑た妄想など、妙にムラッとくるカットがチラホラ挿入されているので、絵柄が気に入った方には大変おすすめな一作です。
 ただ、後述の通り、単行本派にとっては一番やってほしくないことを4巻でやらかしてくれてますので、これから購入される方はご注意ください。

コミックス1巻(中学生編)
soredemobokuhakimigasukiemotohsu0101.jpg


soredemobokuhakimigasukiemotohsu0103.jpg

コミックス3巻(大学生編)
soredemobokuhakimigasukiemotohsu0301.jpg


soredemobokuhakimigasukiemotohsu0303.jpg

コミックス4巻未収録分
soredemobokuhakimigasukiemotohsu0401.jpg
ここからが問題のシーンで、雑誌掲載時にあった一連のベッドシーンがなぜか単行本ではオールカットとなっております。 個人的にはむしろ単行本での加筆修正があるんじゃないかと大いに期待していただけに、カットに気付いたときのがっかり感といったらもう……
まあ今は電子書籍の普及のおかげで雑誌のバックナンバーも手軽に読めますので、「可愛い、優しい、エロい」と三拍子揃った山口さんのベッドシーンが見たい方はこちらの「別冊少年マガジン 2014年8月号」でじっくり堪能しましょう。

soredemobokuhakimigasukiemotohsu0403.jpg


soredemobokuhakimigasukiemotohsu0405.jpg


soredemobokuhakimigasukiemotohsu0407.jpg

コミックス5巻
soredemobokuhakimigasukiemotohsu0501.jpg


soredemobokuhakimigasukiemotohsu0503.jpg


それでも僕は君が好き(5) (講談社コミックス)
それでも僕は君が好き(5)
(講談社コミックス)
絵本 奈央
講談社

それでも僕は君が好き(1) (講談社コミックス)
それでも僕は君が好き(1)
(講談社コミックス)
絵本 奈央
講談社

それでも僕は君が好き(3) (講談社コミックス) 別冊少年マガジン 2014年8月号 [2014年7月9日発売] [雑誌] (週刊少年マガジンコミックス) 別冊 少年マガジン 2012年 12月号 [雑誌]
このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: | 2015.12.31
<<オニクジョ:阿部洋一 | HOME | 夏が、僕らの世界を見ていた:コタニヨーコ>>
この記事へのコメント
  1. 名前: :2016/01 /01(金) 15:57:56
  2. あけましておめでとうございます
    今年もそそられる漫画期待してます
  3. 名前: :2016/01 /03(日) 11:30:29
  4. あけましておめでとうございます。
    昨年は当ブログにお越しいただきありがとうございました。
    今年も時々立ち寄っていただけたら幸いです。
    2016年もよろしくお願いいたします。
  5. 名前: :2017/03 /16(木) 07:15:57
  6. 多分初めまして、こっそり度々お世話になってます。
    ”単行本ではオールカット”これホントにムカつきますよね。
    諸事情あるのだろうとは思いますが、例え雑誌購読していても単行本が出るからと雑誌を捨ててしまうケースが多数だと思うのです。
    いざ楽しみにしていた単行本を読んだ時の失望感は計り知れません。。。

    何故か講談社に多い印象があります。
  7. 名前: :2017/03 /16(木) 17:33:03
  8. 胆谷さま

    コメントありがとうございます。
    単行本でこういう修正がされてると本当にガッカリしますよね。
    最近は良い意味での単行本修正(加筆や描き下ろし)が多いので、尚更残念に感じてしまうところもあるかもしれないですね。

name

[   ]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...