RSS|archives|admin

妄想少女:汐里

妄想少女 (モーニング KC)

【作品紹介】
むかしむかし、深い森のお城に醜い野獣が住んでいました。
ある時そこへ美しい少女が迷い込み、彼女に一目惚れした野獣は少女をお城に閉じ込めてしまいます。
しかし、やがて少女は野獣の熱い気持ちに心動かされ、彼を愛するようになったのです。
すると何ということでしょう、野獣にかかっていた呪いが解け、野獣は元のハンサムな王子様の姿に戻ったのです。
その後、少女はお城のお姫様となり、真実の愛を手に入れた二人は末永く幸せに暮らしました。
めでたしめでたし──。
これは、そんなお伽話に憧れた一人の少女の物語──。(講談社)

 
 本日ご紹介するのは、現在「モーニング」で連載されている超能力ファンタジー『4D』で作画を担当されている汐里先生の初単行本、『妄想少女』です。
 『美女と○獣』チックなおとぎ話を狂信している女子高生・神宮寺花音(じんぐうじかのん)が、自分に対してケダモノのような劣情を抱く男たちをターゲットに、理想の王子様を見つけようと奮闘していくお話です。
 官能シーンは一応あるにはあるのですが、どれもあっさりめといいますか、ヒロインが受けるセクハラ・痴漢・盗撮の初動の部分が描かれているのみなので、ちょっと物足りなく感じるところはあるかもしれないです。


mousoushoujoshiori0101.jpg


mousoushoujoshiori0103.jpg


mousoushoujoshiori0105.jpg


mousoushoujoshiori0107.jpg


mousoushoujoshiori0109.jpg


妄想少女 (モーニング KC)
妄想少女
(モーニング KC)
汐里
講談社


コンプレックス・エイジ(3) (モーニング KC) 彼女とカメラと彼女の季節(2) (モーニング KC) 繋がる個体(1) (モーニング) このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: | 2015.11.06
<<青春のアフター:緑のルーペ | HOME | 少女決戦オルギア:江島絵理>>
この記事へのコメント

name

[   ]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...