RSS|archives|admin

この島には淫らで邪悪なモノが棲む:原つもい

この島には淫らで邪悪なモノが棲む (1) (電撃コミックスNEXT)

【作品紹介】
東南大学で民俗学の研究室に所属する梶浦太郎は、新たな研究課題である“観音姫”の伝説のフィールドワークを行うため、気になっていた先輩・夜戸(よると)ハルを含む研究メンバーと共に、孤島・伊喜島(いきしま)を訪れる。 しかし、この島には「祭りが行われている間はよそ者が島に立ち入ってはならない」という古くから伝わる掟があり、その禁を図らずも破ってしまった梶浦たちは、豹変した島民に命を狙われる事態に陥り…?(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)

 
 本日ご紹介するのは、『人生偏差値48の高校生が神様になりました。』などで知られる原つもい先生が、現在AMWの「電撃大王」で連載されているサスペンスファンタジー、『この島には淫らで邪悪なモノが棲む』です。
 生まれてきた子どもたちに死者の魂を吹き込む“産み直し”が蔓延する孤島を舞台に、その因習に巻き込まれてしまった主人公たちの奇妙な軟禁生活を描いています。
 ストーリー面では電撃系のシリアスものにありがちな引き込みの弱さが多少目立ちはするものの、肝心のセクシーなシーンの方は結構多く、女性キャラもかなり艶かしく描かれています。
 そして本作の最大の見所は何といっても主人公の容赦ないサディストっぷりで、相手がか弱い少女であろうと、片想い中の女の子であろうと、ためらうことなく乱暴する姿がとても印象的なものになっています。 中でも作者さんの嗜好がびんびん伝わってくる首絞めシーンのクオリティは素晴らしく、その筋のフェチの方にはぜひおすすめしたい一作です。

コミックス1巻
konoshimanihamidaraharatsumoi0101.jpg


konoshimanihamidaraharatsumoi0103.jpg


konoshimanihamidaraharatsumoi0105.jpg


konoshimanihamidaraharatsumoi0107.jpg

コミックス2巻収録予定
konoshimanihamidaraharatsumoi0201.jpg


この島には淫らで邪悪なモノが棲む (1) (電撃コミックスNEXT)
原つもい
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

人生偏差値48の高校生が神様になりました。(2) (電撃コミックス)
原つもい
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

人生偏差値48の高校生が神様になりました。(1) (電撃コミックス) 電撃大王 2014年 05月号 [雑誌] 電撃大王 2014年 08月号 [雑誌] このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: | 2014.11.01
<<ラーゼフォン:BONES,出渕裕,百瀬武昭 | HOME | さくらんぼ論理:川島よしお>>
この記事へのコメント

name

[   ]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...