RSS|archives|admin

海の御先:文月 晃

海の御先 2 (ジェッツコミックス)

【あらすじ】
高校2年生の後藤凪は父と二人で日本の南の島・奥津島に引っ越してくるはずだったのが、突然父がニューヨークに出張になり、よく知らない土地で一人暮らしをすることになってしまう。そして島に着いたその日、凪は同い年の島民・鳴海雫と出会い、風に飛ばされた彼女の麦藁帽子を拾ったことをきっかけに島を案内してもらう。さらに新居の隣りにも同い年の女の子・南雲火凛が祖母と妹と3人で住んでおり、父が彼女たちに凪の面倒を見るよう頼んでくれていたため夕食をご馳走になることに。優しい人たちに囲まれ島での生活の不安が消えていく凪だったが、転校先の学校に登校した初日、教室で再会した雫はなぜか凪に対してとてもそっけなく、別人のような態度だった…。クラスメイト曰く、雫はこの島が崇める龍神に仕える「御先の巫女」の一人で、島民にとってはおいそれと話しかけてはいけない神聖な対象なのだという…。東京で育った凪はそんな田舎特有の土地神信仰に釈然としないものを感じていたが、「龍神祭」での雫の凛とした姿を見てその責任の重さを実感する。だがこの祭りのあと、隣りに住む火凛の祖母から凪は龍神の生まれ変わりであるという衝撃の事実を伝えられ…?(Wikipedia)

 
 島に伝わる龍神の生まれ変わりとされる主人公と龍神に愛されるための巫女として育てられた女の子3人が大体1話交代でイチャイチャしていく話です。 こういうハーレムものではよくあることですががっついてるメインの3人より一歩引いてる感じの巫女の妹が可愛いです。
 10巻くらいまでは下着や入浴シーンばかりで、ほぼ同棲状態にもかかわらず主人公と巫女たちもキス止まりですが、11巻からは結構濃い濡れ場が頻繁に見られるようになります。もちろん三股です。

コミックス4巻
uminomisaki04139.jpg

コミックス10巻
uminomisaki10060.jpg

コミックス11巻
uminomisaki11027.jpg

uminomisaki11170.jpg

uminomisaki11174.jpg

コミックス12巻
uminomisaki12098.jpg


下記電子書籍サイトでもサンプル見れます
海の御先 1海の御先 4海の御先 9


このエントリーをはてなブックマークに追加
Theme:漫画 | Genre:アニメ・コミック |
Category: | 2013.05.26
<<悪1013:小川 雅史 | HOME | RED:村枝 賢一>>
この記事へのコメント
  1. 名前: :2014/11 /04(火) 01:47:03
  2. 今振り返ると火凛が1番可愛く好きだったな。後の二人も勿論良いが火凛ターンの時は必ずアニマル買っていた記憶があるW。嫁にするなら火凛確定だな、さらに可愛い妹ももれなくついて来るな。

name

[   ]
Trackback URL
http://tsukaeruippan.blog.fc2.com/tb.php/443-a9c2e591


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...