RSS|archives|admin

さくらん:安野モヨコ

さくらん (イブニングKCDX (1829))

【あらすじ】
江戸吉原の人気遊女屋・玉菊屋に売り飛ばされた8歳の少女・とめき。彼女は一番の売れっ子で美人ながら根性の悪い姉女郎・粧ひ(しょうひ)に付いて下働きをすることになる。花魁になどなりたくないと何度も遊郭から脱走を試みるとめきだったが、粧ひや男衆の清次に諭されトップの花魁を目指すことを決意する。そして17歳のとめきは生来の美しさと気の強いところが受け売れっ子となっていた。だが客の一人である商家の息子・惣次郎と恋に落ちてしまい…(講談社)

 
 男性向けだと花とみつばちや働きマンが有名な安野モヨコ先生の遊女成長物語です。映画化もされてましたね。
 舞台が舞台なので結構頻繁に濡れ場はありますが遊郭というシチュエーションに絵柄も相まってエロさはちょっと控えめです。連載が止まってしまったので残念ながら続きが出ることはなさそうです。。

sakurannanno041.jpg

sakurannanno047.jpg

sakurannanno076.jpg

sakurannanno211.jpg


下記電子書籍サイトでもサンプル見れます
さくらん 1

ほれるも地獄、ほれられるも地獄。色がなければ、生きてもゆけぬ……。男の極楽、女の地獄、ここは遊廓、江戸吉原。――玉菊屋・きよ葉は、器量はいいが鼻っ柱が強く、自由奔放で気位の高...

働きマン(3): 3 (モーニングKC (1550))バッファロー5人娘 オールカラー版 (コルク)脂肪と言う名の服を着て [完全版] 1巻 (FEEL COMICS)

ラブ・マスターX (上) (宝島社文庫―Comics)ベイビーGシュガシュガルーン(1) このエントリーをはてなブックマークに追加
Theme:漫画 | Genre:アニメ・コミック |
Category: | 2013.01.22
<<猿ロック:芹沢直樹 | HOME | セキレイ:極楽院 櫻子>>
この記事へのコメント

name


[   ]
Trackback URL
http://tsukaeruippan.blog.fc2.com/tb.php/245-5680537e


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...