RSS|archives|admin

鬼灯さん家のアネキ:五十嵐 藍

鬼灯さん家のアネキ(1) (角川コミックス・エース・エクストラ)

【作品紹介】
高校生の鬼灯吾朗は暗い性格で他人とろくに会話もできない男の子だった。しかし美人な義理の姉・鬼灯ハルと暮らし始めたことで少しずつ変わり始める…。当初はどんなにハルが話しかけても完全に無視していた吾朗だったが、ある日偶然姉の脱衣シーンを見てしまったときにウブなリアクションをしてしまったため、それ以降味をしめた姉から性的なちょっかいをかけられる日々が続くことに。そして困惑しつつも姉とのスキンシップを繰り返すうちに徐々に心を開き始めた吾朗は他人とも普通にコミュニケーションがとれるようになってくる。だが劇薬の弊害として吾郎は姉に対して姉弟以上の感情を持つようになってしまい…!?(角川書店)

 
 以前ローファイ・アフタースクールを紹介した五十嵐藍先生の代表作です。
 描写は姉から弟へのちょっと度を越したセクハラがメインです。ただ序盤は結構過激なイタズラをしかけている姉もだんだん落ち着いていってしまうので濃い描写は残念ながらないです。お姉ちゃんは手の届かない女性特有の魅力があって中々可愛いです。

コミックス1巻
hozukisanchino01008.jpg

hozukisanchino01015.jpg

hozukisanchino01036.jpg

コミックス2巻
hozukisanchino02125.jpg




ローファイ・アフタースクール―五十嵐藍短編集 (BLADE COMICS) 愛にトシの差なんて (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) ワールドゲイズ クリップス(1) (角川コミックス・エース) このエントリーをはてなブックマークに追加
Theme:漫画 | Genre:アニメ・コミック |
Category: | 2013.01.05
<<フランケン・ふらん:木々津克久 | HOME | 変ゼミ:TAGRO>>
この記事へのコメント

name

[   ]
Trackback URL
http://tsukaeruippan.blog.fc2.com/tb.php/197-2d98baa3


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...