RSS|archives|admin

ヒメノスピア:村田真哉,柳井伸彦

ヒメノスピア 1(ヒーローズコミックス)

【作品紹介】
学校では執拗な嫌がらせを受け、家に帰ればたった一人の肉親である母親から暴力を振るわれる──。それが園藤姫乃のいたって普通の毎日だった。しかし、ある日一匹の蜂に刺されたことをきっかけに、姫乃の運命は大きく変わり…?
一人の少女の、そして人類という“種”を刺し貫く、戦慄のインセクト・ハザード、開幕──!(ヒーローズ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: | 2018.01.30

センチメントの行方:榎本ナリコ

センチメントの行方 (1) (バーズコミックス)

【作品紹介】
15年前のあの頃、女子高生だったあたしは、制服を着て、息をしているだけで、自分には価値があるんだと、そう思っていた。でも、制服を着ていない自分の価値にも薄々気づいていたあたしは、その残酷な現実から目を逸らしたくて、誰かに認めてほしくて、いつからか、女子高生である自分を売り物にしはじめた──。
大人と子供の狭間でもがき続ける少女たちを描いた「センチメントの季節」から15年、歳月を経て描かれるセンチメント(感傷)の行方──。(幻冬舎コミックス)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: | 2018.01.19


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...