RSS|archives|admin

人間昆虫記:手塚治虫

人間昆虫記 (手塚治虫文庫全集)

【作品紹介】
女優、デザイナー、そして芥川賞作家と、まるで羽化し続ける蝶のように華麗な転身を遂げる女、十村十枝子(とむら としこ)。
しかし、それは彼女自身の才能ではなく、他人の積み上げてきたものを収奪して得た偽りの栄華だった。 
才能溢れる人物に寄り添い、そのすべてを奪って生き抜くしたたかな女。彼女が行き着く先は果たして…?(講談社)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: | 2015.10.09

2週間のアバンチュール:中村明日美子

2週間のアバンチュール

【あらすじ】
南仏へのコロニー(林間学校)で金髪のおませな少女・ローズと相部屋になったアンジュ。 しかし、ローズの厚かましい態度にうんざりしたアンジュは、彼女を陥れるため、ある企てを実行に移し……?(太田出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: | 2014.03.10

人間凶器カツオ!:刃森尊

人間凶器カツオ! カツオの拳は友のため!! 人間凶器の奥義極まる!! (プラチナコミックス)

【作品紹介】
幼稚園のときの学芸会では木。 小学校から始めたサッカーでは万年ベンチ。 彼女イナイ歴は15年。 心の支えは国民的アイドル・ヒロスエちゃん。 そんな悲しい青春時代を送る浜田カツオ・15歳。 しかし、高校入学を機に、それまでとは正反対の、波乱万丈なアウトロー人生が幕を開ける!!(講談社)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: | 2014.03.06

ニボシ君の変態:ミッチェル田中

ニボシ君の変態 1 (少年チャンピオン・コミックス)

【あらすじ】
中学2年生の猫田国星(ねこた くにぼし)、通称ニボシ君は、女子から「生まれついての変質者」などと噂されるほど毎日Hな妄想で股間を膨らませている健康すぎる男の子。 そんなニボシ君はある日、何にでもトランスフォームできる不思議な能力を手に入れ、ここぞとばかりにクラスの女のコたちにHなイタズラを仕掛けはじめ…!?(秋田書店)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Theme:漫画 | Genre:アニメ・コミック |
Category: | 2013.11.01

虹色のトロツキー:安彦良和

trotskyrenosim.jpg

【あらすじ】
日本とモンゴルのハーフ・ウムボルトは幼い頃に何者かに家を襲撃され母と父が殺害されてしまう。それから数年がたち、師範学校で反日活動をしていたウムボルトは憲兵に捕らえられ激しい拷問を受けるが、石原莞爾将軍により解放され、満州の最高学府・建国大学に入学するよう命令される。そこでソ連の革命家・トロツキーを大学に講師として招聘する案があり、石原はそのためにウムボルトを利用しようとしていたのだ。というのも石原はウムボルトの家族が襲撃された事件の背景を知っていたからである。ウムボルトは大学で暮らしながら自らの断片的な記憶を少しずつ確かなものにしていき、その裏にある真実に気付くことになる…(Wikipedia)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Theme:漫画 | Genre:アニメ・コミック |
Category: | 2013.01.07

ニコイチ:金田一蓮十郎

ニコイチ 8 (ヤングガンガンコミックス)

【あらすじ】
須田真琴(29歳)は丸井紡績に勤める、ある2つのことを除いてはいたって平凡なサラリーマン。その一つは11歳になる息子・崇を男手ひとつで育てていること。ただ息子とはいっても崇は真琴が大学時代に付き合っていた恋人・成美の前の男の子供で、二人にはまったく血の繋がりがなかった。崇本人はこのことをまだ知らず真琴を実の親だと信じている。そしてさらに大きなもう一つの問題は、崇が真琴を母親だと思っていることだった…!母親がいなくなった直後崇がずっと泣き止まなかったため、困惑した真琴は成美が使っていた化粧品で女装して彼をあやしてみることにしたところ、意外にもこれが上手くいき、その後8年、真琴は崇の前ではずっと女装したまま抜け出せなくなってしまった…。カミングアウトのタイミングを探りつづける真琴だったがついズルズルと先延ばしにして…?(Wikipedia)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Theme:漫画 | Genre:アニメ・コミック |
Category: | 2012.12.25

人間失格:古屋兎丸

人間失格 3 (BUNCH COMICS)

【あらすじ】
新連載のネタがなかなか思い浮かばず行き詰っていた漫画家の古屋兎丸がネットサーフィンをしていると、某巨大掲示板で個人の日記が晒されていた。サイトのタイトルは「人間失格」。そこには大庭葉蔵という人物の三枚の写真があり、1枚目は裕福そうな家庭の中でひきつった笑いをしている6歳時の写真、2枚目がとてつもない美少年に成長した17歳時のもの、そして最後の一枚が25歳のときのものにもかかわらず老人のように憔悴している写真だった。古屋はこの男の人生に一体何が起こったのか知りたくなり日記を読み進めていく…。(新潮社)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Theme:漫画 | Genre:アニメ・コミック |
Category: | 2012.12.09


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...